自然葬をお考えの方に

自然葬という言葉がゆっくりと知られつつあります。



葬儀や戒名料にお金が掛かり過ぎる現代の風潮に疑問を抱く方、婚家の墓を拒絶する方、人間は死んだら他の動物の様に自然に帰るべきだと考える方、等々、自然葬を希望される方はそれぞれの視点から興味を抱かれています。



因みに、現時点での国としての見解は、火葬をしてある遺骨を墓地以外に埋葬、散骨することを法律では禁止していません。
自然葬をされる方の良心を信じ、一つの埋葬の形として黙認している状態のようです。

さて、死後については自分の力では出来ることに限りがあります。どうしても遺族となる子供や配偶者の手によるのです。


希望がある場合には、例えば葬儀は無宗教で、または何々というお寺でお願いしたいという時は、自分はこういう葬儀をされたい、埋葬をされたいということをはっきりと伝えておくことが大切です。



死後のことはもはや、自分で生前に決めておく時代になりました。

生前葬が俄かにブームになったのも、そういったことの一端です。



自然葬を希望する場合には、遺骨や遺灰を撒く場所をきちんと指定しておきましょう。



生き方については日本人は自己責任という言葉を持ち出して、諸外国よりも個人の力によるところが大きいと言われますが、死に方について、または死後の取り扱いについては身内や遺族の意向を重んじる風潮にあります。
しかし、少子高齢化となっていくこれからの時代、自然葬を含めた死後の在り方について、ご自分のご希望をはっきりと残しておくことは大切と言えましょう。



関連リンク

多様な自然葬、あなたはどうしますか

亡くなった恋人の骨を思い出の場所である海に撒く、ドラマでよくあるシーンです。これは自然葬と言われるものの一つで、海洋葬と言います。...

more

多様化する偲び方、自然葬

少し前までは、火葬した遺骨はお墓に納骨するのがあたりまえでしたが、核家族化の問題や、次第に窮屈になっていくお墓事情などもあり、昨今、故人の遺骨を違った方法で埋葬したいと考える人たちが出てきました。お墓に埋葬せずに海や山などに遺骨を撒く「自然葬」、「散骨」を希望する人が増えています。...

more